阪神住建の分譲マンションについて

「総合ディベロッパーとして豊かで魅力ある都市生活の実現を通して、社会に貢献する」という経営理念を持っている株式会社阪神住建は、関西地方を中心に活動をしている不動産会社です。多彩な経営をしていることでも知られている阪神住建ですが、中でも分譲マンションについては一際大きな関心が集まります。株式会社阪神住建の分譲マンションの特徴について調べていきます。

株式会社阪神住建の創設以来、「より良い住まいづくりに貢献する」というマンション開発においての基本精神を持っています。それは、日本中が狂乱の渦の中にいたバブル時代にまで遡ります。地価が高騰し、不動産業界が浮き足立っていた中で、株式会社阪神住建は常にスタートラインに振り返り、理想と確かな歩みを見失うことなく貫いてきました。それが「より良い住まいづくりに貢献する」という基本精神です。より良い住まいをより多くの人へ、それと同時に、確かな品質を手頃な価格でというこの二点を揺るぎないものにするため、株式会社阪神住建はさらなる努力を続けていくようです。

マンション開発というフィールドにおいて、株式会社阪神住建が求められているものは何か。その答えを見つけるために様々な角度からの挑戦が続けられています。その中でも「キングマンションシリーズ」は「都市をキーワードに豊かな生活環境を提供する」というテーマを持った株式会社阪神住建の看板商品です。社会全体の真の豊かさを形作るものは一人一人の生活であるという基礎を信じて、快適で住み良く。さらにインスピレーションに溢れた生活を提案する住まいづくりを株式会社阪神住建は心がけてきました。

「キングマンションシリーズ」の特徴は一般的な年収でも購入しやすい値段設定です。しかし、購入したことで満足をするオーナーは居ません。居住性や資産価値に満足するようなクオリティや信頼感のある安全性など、妥協することなくあらゆる点を実現させます。そのために用地の取得から企画や設計、施工に販売、メンテナンスに至るまでを自社で行うというスタイルを徹底させています。株式会社阪神住建はその土地の特性を把握しているという強みを持っているため、どのような住まいづくりがその土地に合っているかということも掴んでいます。その結果、大阪市内において8000戸という実績を持つまでになったのです。そして、この数字こそがプライドであると阪神住建は語っています。

投稿日: